新規格ECHONET Liteは経済産業省が推奨し、早期普及に向け補助金を交!!

新世代ECHONET ite対応機器・システム

取り組み・最新動向実証実験・適用例及び今後展開

創エネ・蓄エネ機器の搭載進むスマートハウス・ビルの更なる発展に向け準拠製品の新開発相次ぎ、一段と活気づ!!

■日時 2月27日(水)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

9:40〜16:50    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

HEMS(ECHONET Lite)認証支援センターの概要・取り組みと最新動向及び今後の展開

神奈川工科大学

ホームエレクトロニクス開発学科教授

スマートハウス研究センター所長

慶應義塾大学 特任教授

 

一色 正男

 

2月27日 9:40〜11:10

  HEMSは 日本の得意とする技術産業領域です。 スマート家電、スマート

  ハウスは、標準規格を技術プラットフォームにした、新しいビジネスモデル

  の上に作られる21世紀のビジネス領域です。実は、日本では、15年も研

  究され標準化が進められてきた ECHONET ite規格を強みに、発展する

  ことを期待します。

  今回は、HEMS認証支援センターを立ち上げる中で、期待と未来への可能

  性を共有したく思う。

 

  1.エネルギーをとりまく状況

  2.Smart Houseと関連技術標準の概要

  3.認証支援センターの概要

  4.eb から見える未来のスマートハウス

              〈質疑応答〉

機器開発を大幅短縮するECHONET ite支援ソリューションの最新動向と具体的適用事例及び今後の展開

鞄新システムズ

エンベデッド・ソリューション・ビジネスユニット

プロダクト技術部リーダー

 

水木 竜彦

 

2月27日 11:20〜12:50

  スマートハウス向けの標準のインターフェイスとして、経済産業省が推奨

  する通信プロトコルのECHONET Liteは多くの家電、ハウスメーカー

  採用され始めています。

  ECHONET Lite 対応機器の開発者向けに 通信プロトコルの概要から

  実際の電文の内容までを解説します。また、開発工程の中で大きな課題

  となる、相互接続テストの手法について、テストツールのデモンストレー

  ョンを交えて、解決方法をご提案します。

 

  1.ECHONET iteの現状と動向

  2.ECHONET iteの概要

  3.アプリケーション開発の流れ

  4.ECHONET ite通信プログラムのデバッグ

              〈質疑応答〉

海外ベンダから見るECHONET Liteの将来性と開発動向、今後の課題と展開

サーコム・ジャパン

IPプロダクトグループ

プロダクトマネージャー

 

志田 典道

 

2月27日 13:30〜14:30

  当社は 欧米のスマートホーム市場で多くの実績を持つ OEM/ODM専業の

  ホームゲートウェイプロバイダです。 2012年国内のECHONET Liteの動

  向を海外ベンダの目線から市場動向を追った結果、課題と将来性についての

  ファインディングをご紹介します。スマートホーム市場は既に欧米では大きな

  マーケットになっており、2013年のCESでも大々的に取り扱われています。

  日本での市場発展に必要なプレイヤーとマーケット状況を踏まえ、弊社の方

  向性についてお話させて頂きます。

 

  1.サーコム及びサーコム・ジャパンの概要説明

  2.スマートハウスに対する欧米での取り組み

  3.海外開発陣から見たECHONET ite

  4.ECHONET iteとセンサーネットワークの融合

  5.今後の課題と取り組み

              〈質疑応答〉

ECHONET Lite対応センサクラウドゲートウェイの取り組みと開発・応用動向及び今後の展開

住友精密工業

センサネットワーク事業室

次長

 

宮本 哲

 

2月27日 14:40〜15:40

  深刻な電力・エネルギー危機、地球温暖化問題等を背景に省エネルギーに

  対する関心はますます高くなっています。

  当社では無線センサネットワークを応用して低コストで多点・リアルタイム計

  測が可能なエネルギー見える化システムを提供してきましたが、昨今拡大し

  ているHEMS需要に対応するためにECHONET ite対応を進めています。

  さらにスマートグリッド等では家庭内機器だけでなく、地域レベルのエネルギ

  ーマネジメントシステムとの間の相互接続も必要になります。 これを実現す

  るためのゲートウェイとして株式会社ブリスコラと共同でセンサクラウドゲー

  トウェイの開発に着手しました。

  本講ではこのECHONET Lite対応センサクラウドゲートウェイについて以

  下の項目を中心にお話します。

 

  1.住友精密工業およびクロスボーの概要

  2.無線センサネットワークの概念と歴史

  3.住友精密工業の無線センサネットワーク製品およびECHONET iteへの対応

  4.ECHONET ite対応センサクラウドゲートウェイ開発の背景

  5.ECHONET ite対応センサクラウドゲートウェイの機能・想定アプリケーション

  6.今後の展開

              〈質疑応答〉

スマートハウスにおけるECHONE iteへの取り組み・最新動向と実証実験例及び今後の課題等

大和ハウス工業

フロンティア技術研究センター

ICT研究チーム主任研究員

 

吉田 博之

 

2月27日 15:50〜16:50

  電力の見える化を中心に語られがちなスマートハウスですが、本来は汎用的

  な通信・制御システムであ、健康や防犯等も含めた様々な生活サービスを

  提供するためのプラットフォーム(基盤)と捉えることが重要です。

  生活者の視点から見たスマートハウスのあり方やその実現に向けた技術的

  な課題について、当社商品や北九州での実証試験等を交えながら紹介いた

  します。

 

  1.生活者視点から見たスマートハウス像

  2.プラットフォームとしてのスマートハウスのあり方

  3.実現に向けた課題と取り組み

  4.当社におけるECHONET iteの活用事例(住宅API)

  5.次世代エネルギー・社会システム実証事業(北九州市)における当社の取り組み

              〈質疑応答〉

【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2013年開催〕

 

戻る