時々刻々と進化しているため第2回目を下記の通り 10月18日に開催致します。

.アメリカの先行事例にみる、日本での3Dプリンタービジネス発展の可能性!!

先進アメリカにおける3Dプリンタービジネス

最新動向ケーススタディ及び国内展開戦略

先行アメリカの成功事例を学び、国内における3Dプリンター/サービスの事業化・ビジネス成功への道を探

3Dプリンターの利用が急速に進むアメリカでの数々のビジネスと活用例を解説し、日本での本格普及に向けた戦略を語!!

講師が、2〜3ヶ月毎に渡米して先進の企業等十数か所を直接訪問・インタビューした現地の最新情報を紹介>

オバマ米大統領が自国の製造業復活、産業の更なる躍進を目指し積極的に支援。時々刻々と進化しているため第2回目開

■日時 10月18日(金)   ■会場 メディアボックス会議室   ■受講料 1名につき 39,000円

10:00〜16:45    東京都新宿区西新宿1-9-18      (消費税込み、テキスト代含む) 昼食弁当付(サービス)

 

●講師

   潟tィナンシャル・インスティチュート

   経営コンサルタント

 

    前田 健二

 

【経歴・活動】

1966年東京生まれ。 1990年大学卒業後渡米し飲食ビジネスを立上げ、帰国後

内航海運企業、ネットマーケティングベンチャーなどの経営・起業に携わる。2001

年より経営コンサルタントとして活動を開始。 製薬会社の再生、ベンチャー企業の

経営支援等を行い、現在は 事業開発、新規事業立上げ等の マーケティングコン

サルティングを行う。

古典マーケティング理論をベースに、インターネット等を使った総合マーケティング

戦略立案を得意とする。 専門はマーケティング戦略論および経営戦略論。

顧客の新規事業として3Dプリンターを使ったビジネスを研究しており、アメリカ現地

での人脈・ネットワークを武器に情報収集、分析を進めている。

執筆・翻訳実績:「インバウンド・マーケティング」(すばる舎リンケージ)、「図解そこ

が知りた!よくわかるインターネット広告−IT時代のマーケティング手法」(翔泳

社)、「事例でわかるインターネット商売で成功する法」(日本実業出版)。

明治学院大学経営学科博士課程修了。

      【講師のお言葉】

      最近、3Dプリンターがいよいよ一般的な言葉として普及し始めました。

      テレビ、新聞等のマスコミでも連日報道され、実際に3Dプリンターを手に取る人の数も増え始めています。

      一方、3Dプリンターの価格低下と性能向上、およびその結果である一般への普及は、私たちの生活をどの

      ように変化させ、また、ビジネスとしてどのような広がりを見せるのでしょうか。

      本セミナーでは、アメリカの3Dプリンタービジネスを集中的にリサーチし コンサルティングを行っている最新

      事例をもとに、アメリカにおける実例、先行事例を取り上げ、日本における発展の可能性等について解説をい

      たします。

      今後、日本で新たなが3Dプリンタービジネス立上げを検討される経営者・ビジネスマン参加必須のセミナー

      です。

      

      1.最近の3Dプリンターブームはなぜ起きたか?

      2.アメリカの3Dプリンターの市場状況

      3.アメリカの3Dプリンターの主要プレーヤー

      4.アメリカの3Dプリンタービジネス

           (1) 工業用3Dプリンター製造

           (2) パーソナルデスクトップ3Dプリンター製造

           (3) 3Dプリンター小売

           (4) 建設・建築

           (5) 医療

           (6) 3Dプリンティング出力サービス

           (7) ハッカースペース

           (8) 教育

      5.ケーススタディ

           (1) 3Dプリンター義足製造 「ビースポークイノベーションズ」

           (2) 会員制ハッカースペース 「テックショップ」

           (3) 3Dプリンター出力サービス、マーケットプレイス 「シェイプウェイズ」「スカルプテオ」

           (4) 3Dプリンター製造販売 「ディーズメーカー」

           (5) 3Dプリンター建築プロジェクト 「コンツアークラフティング」

           (6) 3Dプリンター食肉生産 「モダン・メドウ」

           (7) 3Dバイオプリンター製造 「オーガノボ」

      6.3Dプリンターと、新たな資金調達手法 クラウドファンディング

      7.日本におけるビジネス展開の可能性

      8.3Dプリンタービジネス立上げの方法

                                    〈質疑応答〉

 

【主催】日本技術情報センター  TEL 03-3374-4355  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2013年開催〕

 

                          2名様以上同時にお申込みの場合は、お二人目の方から受講料を半額19,500円にてお受け

                            致します。 先着(ご入金順)3名様までです。

 

戻る