先進ユーザの3Dスキャナ/レーザトラッカ等を駆使したリバースエンジニアリング・検査〈Zoomセミナー〉〔2月20日開催〕

3Dスキャナによる点群取得とデータ処理、製造・設備・プラント・建設・土木での活用例〈Zoomセミナー〉〔2月27日開催〕

最近開催のZoomオンラインセミナーの一覧= 金属3Dプリンタ、セラミックス3Dプリンタ、ダイカスト/プラスチック金型、

3Dスキャナ、点群データ、リバースエンジニアリング・検査、トポロジー最適化、ジェネレーティブデザイン、3次元設計。

《 新たに上記の3Dスキャナ、リバースエンジニアリング等のセミナー(2024年)を開催。 開催内容は下線部分をクリックしてご覧ください 》



Zoomオンラインセミナー (半日コース)

※受講者の方のパソコン、タブレット、スマホからご参加できます。 質問時間もあります。
(お送りしますZoomミーティングURLをクリックしていただくだけで簡単に視聴が可能です)

 

製品の短期・低コスト・高品質開発、検査・業務の時間・費用を激減する革RE・検査事!!

製造業における高精度3Dスキャ/レーザトラッによる

最新リバースエンジニアリン・検査技術活用事例


《 用途に最適な3Dスキャナの選び方から、点群取得法、データ処理技術、効果的なRE・検査方法・実例まで 》
《 “いかに3Dスキャナ/トラッカを使いこなし、RE・検査に効率的に活かすか”を経験豊富な講師が語る 》
《 3Dスキャナを活用して現場のあらゆるモノの3D点群データ取得、デジタル化は、製造業DX実現の第一歩 》
※ 3Dスキャナ等を活用し数々のRE・検査実績を誇る先駆者・野原貴広氏が、 様々な高効率化事例を詳説
※ 長年3Dスキャナ等によるRE・検査に従事されている村尾祐介氏が、お客様の課題と解決法、事例を紹介

★他に、2月20日に「先進ユーザの3Dスキャナ/レーザトラッカ等を駆使した次世代 リバースエンジニアリング・検査と活用例」を開催。
★また、2月27日に「業務の高効率化を実現する3Dスキャナによる点群の取得方法とデータ処理技術及び製造・設備・プラン
    ト・建設・土木での活用事例」を開催。

     



    

■日時 1月24日(水)    ■受講料1名につき 19,000円    Zoomオンラインセミナー 〔2024年開催〕

       13:00〜17:00       テキスト含む、消費税込み)    ※受講者の方のPC、タブレット、スマホからご参加できます

Nablalにおけるキャナ/レーザトラッカによるリバースエンジニアリング・検査技術と活用事例及び今後の展開

汲mablal

代表取締役    

 

   村尾 祐介

 

  1月24日 13:00〜14:00

 

弊社では創業以来のモノづくりの知見を活かし、3Dデータを加えたハイブリッド型で新たなサービスを展開しています。
当サービスでは、大型機材の3Dデータ化やリバースエンジニアリングなどが可能です。対象は手のひらサイズから半径35mまでと幅広いものです。
【3つの特徴】
@ 国内初導入となるドイツ製高精度ハンディ3Dスキャナで現物を3Dデータ化
A 3Dスキャンデータからモデリング・図面化・偏差解析・応力解析・設計変更など
B 米旅客機メーカ向けに開発されたポータブル三次元計測機レーザートラッカーで出張計測
本セミナーでは、お客様からお問い合わせいただいた課題とその解決方法を事例として、弊社サービスをご紹介いたします。

  

  1.よくある課題

  2.解決方法のご提案
  3.課題解決の具体例

  4.設備の紹介

  5.活用上のポイントと注意点

  6.今後の展望

            〈質疑応答〉

       

東京貿易テクノシステムにおけるDスキャナによるリバースエンジニアリング・検査技術と活用事例及び今後の展開

  

東京貿易テクノシステム

企画部

営業企画チーム

  

   櫻井

    

  1月24日 14:10〜15:20

 

3Dスキャナは様々な種類があり、お客様の課題・ニーズにより、最適なシステムは異なります。
そこで、様々な高精度3Dスキャナを取り扱っている弊社が、工業製品向け3Dスキャナの種類・特徴・業界事例を網羅的に説明します。
その中から詳細説明として、ハンディスキャナの利点、弊社システム「AQROS」の利点のご紹介と、多関節アーム式測定機の利点、弊社システム「VECTORON」の利点のご紹介を実施致します。

   

  1.工業製品向け3Dスキャナの種類

  2.ハンディスキャナ 「AQROS」

  3.多関節アーム式測定機 「VECTORON」

  4.活用事例

      (1) 検査ニーズ

      (2) リバース(3D CAD化) ニーズ

            〈質疑応答〉

       

MTI.NetworkにおけるDスキャナによるリバースエンジニアリン検査技術と活用事例及び今後の展開

  

鰍lTI.Network

代表取締役社長

  

   野原 貴広

    

  1月24日 15:30〜17:00

 

ものづくりにおける寸法・形状検査には三次元測定機や二次元測定機、スモールツール等の伝統的な手法が長年用いられてきましたが、近年、欧米や中国では3Dスキャナを併用して検査の効率化を図っています。
一方、日本では3Dスキャナが品質保証としての最終検査に使用されている事例は非常に少なく、補助的な活用にとどまっています。
当社は日本における3Dスキャナの普及促進のためのサービス(受託・販売・教育)を提供しており、その中で様々な活用事例を経験してまいりました。寸法・形状検査はもちろん、取得した点群データを使ってどのようなことができるのか、事例を詳しくご紹介します。

   

  1.当社の3Dスキャナ関連サービス事業について

  2.GOM社製3Dスキャナ 「ATOS 5」 「ATOS Q」 「GOM SCAN 1」

  3.GOM社製ハンディ3Dスキャナ 「T-SCAN hawk 2」

  4.GOM社製完全自動光学式測定システム「ATOS ScanBox」

  5.GOM社製3D点群用評価ソフトウェア 「GOM Inspect」

  6.3Dスキャナによるリバースエンジニアリングの事例

      ―図面の無い治具の図面化、他

  7.3Dスキャナによる寸法・形状検査の事例

      ―生産設備の歪みの計測、他

  8.3Dスキャナにて取得した点群データの活用事例

      ―原型の3Dスキャン・3Dプリント、他

  9.今後の展開

      ―3Dスキャナの導入検討時の注意点

            〈質疑応答〉

       

 

【主催】日本技術情報センター TEL 03-5790-9775  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2024年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブログ⇒ http://takashi-jtic.at.webry.info/

金属・セラミックス3Dプリンタ、金型、3Dスキャナ、点群データ、リバースエンジニアリング、3次元設計、トポロジー最適化等を記しています



 【特別割引】
  ※2名様以上同時にお申込みの場合は、お二人目の方から受講料を3,000円割引16,000円にて
   お受け致します。 先着(ご入金順)3名様までです。

   

※お一人で下記のセミナーも同時にお申込みの方は、受講料,000円割引にてお受け致します。

当割引は受講ご本人のみの割引です。 他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

先進ユーザにみる金属3Dプリンタによるプラスチック金型の短期・高品質製作〔Zoomセミナー〕(2/15)
先進ユーザの3Dスキャナ/レーザトラッカ等を駆使したリバースエンジニアリング・検査〔Zoomセミナー〕(2/20)
3D CADで本当に効果を出すための3次元設計技術、自動設計、モジュール化〔Zoomセミナー〕(2/26)
3Dスキャナによる点群の取得法とデータ処理、製造・設備・プラント等での活用例〔Zoomセミナー〕(2/27)
トポロジー最適化/ジェネレーティブデザインで超軽量、コスト削減<体験付>〔Zoomセミナー〕(2/28)
金属3Dプリンタ/合金粉末を駆使したダイカスト金型の短期製作技術と造形事例〔Zoomセミナー〕(3/1)
金属3Dプリンタ導入・運用のポイントと金属部品・金型の斬新な造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(3/12)
水面下で開発が進むセラミックス3Dプリンタ/材料の最新動向と造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(3/26)

       

セミナーのお申込みは、弊社 ホームページお申込み方法からお願い致します。

企画・セミナー統括責任者:吉田 賢 <ご質問、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問い合わせください>