水面下で開発が進むセラミックス3Dプリンタ/材料の最新動向と部品造形技術・事例〈Zoomセミナー〉 〔3月26日開催〕

次世代に挑むセラミックス3Dプリンタ/材料の開発動向、部品造形技術・事例、短期製造〈Zoomセミナー〉〔2月7日開催〕

最近開催のZoomオンラインセミナーの一覧= 金属3Dプリンタ、セラミックス3Dプリンタ、ダイカスト/プラスチック金型、

3Dスキャナ、点群データ、リバースエンジニアリング・検査、トポロジー最適化、ジェネレーティブデザイン、3次元設計。

《 新たに上記のセラミックス3Dプリンタ等のセミナー(2024年)を開催。 開催内容は下線部分をクリックしてご覧ください 》



Zoomオンラインセミナー (半日コース)

※受講者の方のパソコン、タブレット、スマホからご参加できます。 質問時間もあります。
(お送りしますZoomミーティングURLをクリックしていただくだけで簡単に視聴が可能です)



革新的セラミックス部品を3Dブリンタを活用して創出。新規市場を切り拓く 〔11月20日開催〕

 

従来不可能な複雑形状一体造形、中空・多孔質構造造形、軽量化を実現する新技術で差別化図る!!

セラミックス部品短期開発・試作・製造する3Dプリンタによる造形技術・事例
金型が不要なため開発・製造コストを激減、3Dデータからの直接造形により短時間に試作・製品化 >
一体造形により部品点数を劇的に削減できるようになり短期製造、コスト低減、従事者数削減を達成 >

<キヤノンが3Dプリンタの レーザ積層造形に適した驚異のセラミックス材料を新開発し、次世代に挑む>
※3Dプリンタでの部品製造を軌道に乗せるまで時間がかかるため、差別化図るには普及し始めてから取組んでは“時既に遅し”
※3Dプリンタを活用した革新的セラミックス部品創出、短時間試作・製造をご検討、ご興味ご関心ある初心者の方に平易に解説

  



今迄不可能だった革新的なセラミックス製品・部品の創出、短時間・低コスト製造を実現!!

開発競争激化するセラミックス3Dプリンタ/材料

最新動向部品造形技術・事例及び短期試作・製造
本格的に動き始めた3Dプリンタによる新セラミックス部品製造 !!  画期的な造形技術・事例を解説 》

《 3Dデータからの直接造形により、金型が不要で開発・製造コストを激減、試作・製造時間を大幅短縮 》

<普及のボトルネックと なっていた高精度・高強度を実現する新セラミックス3Dプリンタ/対応材料の開発動向 >
<キヤノンが レーザ直接積層造形に適した焼成時の「縮み」を抑える画期的な高機能セラミックス材料を新開発 >
<金型が不要のため 開発・製造コストの大幅削減や従来不可能だった複雑形状、中空・多孔質構造造形を実現 >
<部品点数を激減する一体造形により、セラミックス部品の劇的な軽量・低コスト化と 従事者数の削減が図れる >
<最新の3Dプリンタではどのようなセラミックス製品・部品が造形・製造できるのか。 コスト、品質、リードタイムは >
※目覚ましい技術革新により、日々進化する新世代セラミックス3Dプリンタ、先端セラミックAM材料、新造形・製造法
※3Dプリンタを活用したセラミックス部品の短時間試作・製造にご興味・ご関心がある初心者の方にわかり易く解説
<セラミックス3Dプリンタによる造形・製造は、全く新しい視点の技術で、セラミックス先進企業も新規参入企業と同じゼロからのスタートになるため、新たにセラミックス分野に参入する企業は大きく躍進できる絶好のチャンスが到来
★他に、1月25日に産総研、Lithoz、BMF、3DCeram Sintoにおける「水面下で開発が進むセラミックス3D
    プリンタ/材料の最新動向と部品造形技術・事例及び短期試作・製造」のオンラインセミナーを開催します。



■日時 11月20日(月)  ■受講料 1名につき 19,000円    Zoomオンラインセミナー 〔2023年開催〕

       13:00〜17:00       (テキスト含む、消費税込み)     ※受講者の方のPC、タブレット、スマホからご参加できます

3DCeram Sinto製セラミックス3Dプリンタの開発動向と部品造形技術・事例及び今後の展開

新東Vセラックス

代表取締役社長

       

   高山 敬

 

    11月20日 13:00〜14:00

 

3Dプリンタのセラミック材料への適用は欧州を中心に航空・宇宙産業、再生医療をはじめ、その適用範囲は確実に広がっています。
5年前当社の所属する「新東工業グループ」はセラミック専用の3Dプリンタを開発、販売していたフランスの「3DCeram Sinto社」をグループに加えました。当社では本装置を導入し「ものづくり」技術を蓄積するとともに、日本国内向けに装置販売も担当しています。
その中で得られた活用に際しての考慮すべき事項や事例など、今後装置の導入を検討されている方に参考となる情報をご紹介します。

         
  1.3D事業を展開する『新東Vセラックス』について

  2.セラミックが製造できる各種3Dプリンタ

      (1) 各3Dプリンタの動作方式

      (2) 当社が採用した3Dプリンタ

  3.セラミックの実用化に向けて

      (1) 導入検討について

          (@) プロセス技術

          (A) 材料

          (B) 設計工程(形状、寸法精度、サポート)

          (C) 成形工程(積層方向、造形物の配置)

          (D) 脱脂、焼成工程

      (2) 製品化事例

  4.今後の展開

      ―セラミック3Dブリンティングの幅を広げる

      (1) FFF方式

      (2) 3Dスクリーンプリンティング方式 

            〈質疑応答〉

               

Lithoz製セラミックス3Dプリンタの開発動向と部品造形技術・事例及び今後の展開

アズワン

専門事業本部ソリューション・

デザイン部スーパーバイザー

   

  三村 純代

 

    11月20日 14:10〜15:00


樹脂・金属での3Dプリンタが市場に浸透し始めた今、次なる技術としてセラミック3Dプリンタが注目されています。
この講演では、世界のセラミック3Dプリンティングにおけるリーディングカンパニーの一つ、Lithoz(リソッツ)社と、その独自技術であるLCM(光重合技術に基づくセラミック積層造形)方式のご紹介を行います。特に歯科、再生医療など医学分野においてセラミック3Dプリンタの活用例を紹介いたします。
また、セラミック3Dプリンタを用いた完全国内生産の受託サービスもご紹介します。

                  
  1.Lithoz社のLCM技術についてのご紹介

  2.LCMのプロセス紹介:パーツ製造の流れ

  3.精度、密度、再現性

  4.多岐にわたる、利用可能な材料
  5.アプリケーション・造形事例の紹介

  6.歯科、再生医療など医学分野の事例紹介

  7.セラミック3Dプリンタを用いた受託サービスのご紹介

            〈質疑応答〉

        

セラミック材料に対応したBMF製3Dプリンタの開発動向と部品造形技術・事例及び今後の展開

泣Iルテコーポレーション

代表取締役

     

   藤原 徹

 

    11月20日 15:10〜16:00

 

3Dプリンタの造形技術は多種多様であり、新たな技術が生まれています。しかしながら、高解像度を謳う3Dプリンタであっても、マイクロレベルの造形は困難なものでした。
BMFが独自に開発した光造形方SLは、マイクロナノ領域の造形を高い精度と実用的な造形サイズで正確に、かつ低コストで行うことのできる世界で初めての3D造形技術です。
2018年に同社の初期製品として発表したm解像度のS130と10μm解像度のS140の後継機種となるS230とS240を2021年に発表。従来よりも粘度の高い材料を扱うことができるようになったこれらの新機種に合わせてセラミックの造形材料を新機種向けに開発しました。
業界トップクラスの高精度の光造形技術をプラスチック以外材料に応用することで、プラスチック材料では対応できないアプリケーションへの活用が可能になりました。
本セッションでは、新たに追加したセラミック材料での事例の数々をご紹介します。


  1.BMF社の取り組み

  2.PμSL技術についてのご紹介

  3.精密さ、正確さ、スピード

  4.国内外のセラミック造形事例
  5.現状の課題と展望

  6.BMF3Dプリンタを用いた受託サービスのご紹介

            〈質疑応答〉

 

キヤノンにおける3Dプリンタ用セラミックス材料の開発動向と造形技術・事例及び今後の展望

キヤノン

R&D本部製品技術第一開発

センター部長

   

   安居 伸浩

 

   11月20日 16:10〜17:00

 

多種多様な積層造形方式がある中で、素材としてもセラミックスに注目が集まりつつある。
これまで焼結工程や加工工程の煩雑さで諦めていた複雑・中空形状部品など、3Dプリンタが得意とする形状を実現する技術として、キヤノンが開発した選択的レーザー溶融法(SLM:Selective Laser Melting)を用いた手法を紹介する。
また、本手法により造形できる部品の特徴や、ターゲットとなり得る分野について説明すると同時に、試作検討向けにセラミックス造形受託サービスが提供できることや、今後の展望についても紹介する。


  1.セラミックス積層造形技術の状況

  2.従来の選択的レーザー溶融法における課題

  3.キヤノンの積層造形技術について

      (1) 積層造形用原料調合技術

      (2) 積層造形プロセス技術

      (3) 焼成プロセス技術

  4.造形物の物性
  5.造形物の特徴とターゲット領域

  6.セラミックス造形受託サービスについて

  7.今後の展望

            〈質疑応答〉

 


【主催】日本技術情報センター TEL 03-5790-9775  ホームページ http://www.j-tic.co.jp  〔2023年開催〕

吉田 賢が始めた翁のブログ⇒http://takashi-jtic.at.webry.info/

〔金属・セラミックス3Dプリンタ、銅粉末・部品、アルミ合金粉末・部品、ジェネレーティブデザイン等を記しています〕

 


 【今後開催(2024年)の注目セミナー】

 ※最近話題の最先端セミナーを下記の通り開催致します。

3D CADで本当に効果を出すための3次元設計技術、自動設計、モジュール化〔Zoomセミナー〕(1/19)
製造業における3Dスキャナ/レーザトラッカ等によるリバースエンジニアリング・検査〔Zoomセミナー〕(1/24)
水面下で開発が進むセラミックス3Dプリンタ/材料の最新動向と造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(1/25)
金属3Dプリンタ導入・運用のポイントと金属部品・金型の斬新な造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(1/26)
トポロジー最適化/ジェネレーティブデザインで超軽量、コスト削減<体験付>〔Zoomセミナー〕(1/31)
次世代に挑むセラミックス3Dプリンタ/材料の開発動向と部品造形技術・事例〔Zoomセミナー〕(2/7)
先進ユーザにみる金属3Dプリンタによるプラスチック金型の短期・高品質製作〔Zoomセミナー〕(2/15)
先進ユーザの3Dスキャナ/レーザトラッカ等を駆使したリバースエンジニアリング・検査〔Zoomセミナー〕(2/20)

       

セミナーのお申込みは、弊社 ホームページお申込み方法からお願い致します。

企画・セミナー統括責任者:吉田 賢 <ご質問、お気づきの点がございましたら、お気軽にお問い合わせください>